夢の実現に役立つ映画をご紹介

「夢がない」からの卒業

人生は一度きり。夢をもって楽しもう!

What's about

毎日がつまらない・・・それはもしかしたら、夢がないからかもしれません。そんなこと言われても、簡単に夢なんて見つからないよ。という人のための夢応援サイトです。
ご連絡はこちらまで。
>>graduate-nodream@outlook.com


夢を叶えるために見ておきたい映画

映画で学ぶサクセスストーリー

映画で学ぶサクセスストーリー

夢を叶えるために実現可能な目標を設定し、アルバイトをしながら夢の実現のために頑張っている人は多いと思います。しかしつい生活に疲れてしまい「このままで本当に自分は夢を実現できるんだろうか」と落ち込んでしまう事もあると思います。そんな時に自分と同じかそれ以上に努力をして夢を叶えた人たちを描いたサクセスストーリーを映画で観ることをおすすめします。成功するためのヒントも隠されていて参考になりますし、何よりも元気をもらえると思います。

LINEで送る

「Ray-レイ」を観る

「Ray-レイ」という映画があります。この映画はすでに亡くなった盲目の天才ミュージシャン「ソウルの神様」と呼ばれ日本でも有名なレイ・チャールズのサクセスストーリーです。
ジョージアの片田舎で過ごした幼少時代に緑内障で視力を失ってしまいます。ハンデを抱えたままそれでもミュージシャンとして成功するための努力を惜しまず、ついにはその才能を開花させることに成功します。またただ美しいだけのサクセスストーリーではなく過去のトラウマからの脱却や女性関係のトラブル、麻薬問題などの人間臭いレイ・チャールズを等身大で描いた映画です。そして天才と言われるミュージシャンがいかに陰で努力をしてきたかを知ることも出来ると思います。

主人公のレイ・チャールズを演じたのはアカデミー賞俳優のジェイミー・フォックスです。

→→映画を調べてみる

Ray-レイ

「リトルダンサー」を観る

「リトルダンサー」はイギリスのいわゆる「炭鉱もの」と呼ばれる映画のひとつです。炭鉱で栄えた町の繁栄は終焉を迎え、その中でも人々は元気に生きていくという一連の映画のひとつです。炭鉱のある町で暮らすビリーがバレーダンサーとして活躍するまでを描いたサクセスストーリーになっています。
ビリーは最初ボクシングジムでボクシングを習っていたのですが、実はあまり自分にボクシングが向いているとは思っていませんでした。いつもボクシングジムの窓から見えるバレエ教室のほうを見て、自分がバレエをしている姿を夢想する毎日を送ります。ビリーはバレエを始めますが当時はバレエは男性がするものではないと考えられていたので父親にも反対されます。しかしそれでも努力を続けたビリーはついに才能を開花させます。バレエをすることに反対していた父親もビリーの踊りに感動しついにバレエを続けることを認めます。最終的に大人になったビリーは大舞台でスポットライトを一身に浴びながらバレエを踊ります。この映画は達成感を疑似体験することもできますのでおすすめの映画です。

努力をする素晴らしさや、自分が本当に好きな事をすることの大切さがわかります。

→→映画を調べてみる

リトル・ダンサー

最速で夢を叶えたい人は、これを読もう!

  • 目標に変換して行動
    目標に変換して行動

    夢を持つだけではまだ実現への準備が整ったとは言えません。夢を目標に変換するためには具体的なスケジュールを作る必要があるからです。まず夢が叶う日、目標が達成する日を決めます。その日から逆算して1年ごとの大まかな計画を作っていきます。そして今年の計画、今月の計画と詳細な計画を立てていきます。その計画がいつでも手帳などで見ることができ、今日何をすればいいかがわかるようになれば夢のスケジュール化が出来た証拠です。あとは必要な時に軌道修正をするなどしながら行動をするだけです。

    続きへ

  • 「目標達成の技術」を読む
    「目標達成の技術」を読む

    「目標達成の技術」という本があります。夢を叶えるためには、まずはその土台となる「人生の目的」に目を向けることが大切だと著者の青木さんは言います。土台がない夢や目標はぶれてしまい叶う事がないという事です。またコミュニケーション能力が高い人ほど目標を達成しやすいとも語っています。コミュニケーション能力が高いと目標設定が適切で一つの目標を達成するたびに成功体験を手に入れることができます。成功体験を重ねることで成功者のメンタリティを手にすることができるようになり夢がさらに叶いやすくなるそうです。

    続きへ

  • コーチングで新たな発見を
    コーチングで新たな発見を

    どうしても夢をみつける事ができないという人は誰かのサポートを受けることが必要かもしれません。「コーチング」というコーチと対話をしながら夢をみつけていくという方法があります。コーチは自分の鏡のような存在になり、いつしか自分自身と対話をしているようになります。またコーチはあなたの表情や声色の変化を見ています。話をしていて表情が明るくなったとき、そこには夢につながる何かがあります。このように自分自身との対話の中に「もう一つの視点」があることは夢を見つけるための有効な手段だと言えるでしょう。

    続きへ

  • 夢を見つけるテクニック
    夢を見つけるテクニック

    夢がみつからない場合はいくつかの夢をみつけるためのテクニックを試してみましょう。まずは未来の社会を思い描き、そこで自分がどのように活躍できるか想像してみるという方法です。常識に捉われていたり、現状に悲観している人に特に有効な方法です。また自分の身の回りにあるものを手に取り「なぜこれを持っているのか」理由を自問自答してみましょう。無意識的に集めたものにこそ「自分なりの夢」のヒントが詰まっているかもしれません。

    続きへ