夢がないまま生きるより、夢にむかって行動しよう!

「夢がない」からの卒業

人生は一度きり。夢をもって楽しもう!

What's about

毎日がつまらない・・・それはもしかしたら、夢がないからかもしれません。そんなこと言われても、簡単に夢なんて見つからないよ。という人のための夢応援サイトです。
ご連絡はこちらまで。
>>graduate-nodream@outlook.com


夢に向かって行動すること!

4割は成功する

4割は成功する

自分なりの夢が見つかった時、夢を叶えるために「今すぐ行動を起こすのか」「経済的な安定ができてから行動を起こすか」という選択は将来の結果に大きな影響を与えると言います。ある調査によると経済的な成功に限れば「今すぐ行動を起こした人の成功確率は4割」で「経済的な安定をまず求めた人の成功確率は1%未満」という結果が出ています。

LINEで送る

経済的な成功は4割以上

アメリカのジャーナリストが夢を叶えることについての調査をしました。これから大学を卒業する学生に対して行った調査で「億万長者になりたい」という学生に「今すぐ億万長者になるための行動を起こすか」それとも「経済的な安定が出来た後に億万長者を目指すか」というアンケートをとりました。そしてその調査により後日衝撃的な事実が浮かび上がりました。
それは「今すぐ行動を起こす」ほうを選んだ学生の約4割が経済的に成功していたのに対して、「後で行動を起こす」と選んだ学生は1%未満しか経済的に成功をしていなかったという事実です。この調査からは夢を叶えるためにはすぐに行動を起こしたほうがいいという事実と、経済的な成功という夢であればすぐに行動を起こせば4割程度成功できてしまうという事実です。
つまり夢を叶えるためには夢が見つかり次第行動を起こしたほうがよく、経済的な成功程度の夢ならば比較的誰にでも夢を叶えることが出来るという事です。

人生はあっという間に終わる

孫正義さんが学生向けに話した言葉に「自分の夢を持たず、明確なビジョンを持たないでなんとなく生きていたら、あっという間に人生は終わってしまう」というものがあります。孫さんは「あっという間に」という点を強調していました。
また孫さんは「自分が描いた夢の範囲の5割から8割程度しか達成できない」とも言っています。続けて「だからこそ大きな夢を持った方がいい」と言っています。これは逆に言えば「自分が描いた夢の5割から8割程度なら誰にでも達成が可能である」「ならば大きな夢を持ったほうが得である」という意見です。どんなに大きな夢でも5割以上は達成できるならば夢を持たない手はありません。大きな夢を持つことが出来る人ほど人生は有意義になるでしょう。

明確なビジョンを持つ

フェイスブックの創業者のマーク・ザッカーバーグはこう言っています。「現在の状況はみんな何となく分かっていたはずだ。でもその中で本当にその事を気にしていたのは学生だった自分たちだけだったんだ」という言葉です。現在のようにSNSが全盛になる時代を10年前にたいていの人は想像できたはずなのに、具体的にそこにコネクトしたのはマーク・ザッカーバーグら一部の人しかいませんでした。
またマーク・ザッカーバーグはフェイスブックが1円も利益を出していない時期に「1000億円」でヤフーから買収の話を持ちかけられていますが「売却などあり得ない」とこの買収話を一蹴しています。これもマーク・ザッカーバーグが現在の状況を理解していた、つまりビジョンを持っていたからできた事です。将来のビジョンを持ち、そのビジョンを信じて行動をすれば夢を叶えることができるという一つの事例だといえるでしょう。

最速で夢を叶えたい人は、これを読もう!

  • 目標に変換して行動
    目標に変換して行動

    夢を持つだけではまだ実現への準備が整ったとは言えません。夢を目標に変換するためには具体的なスケジュールを作る必要があるからです。まず夢が叶う日、目標が達成する日を決めます。その日から逆算して1年ごとの大まかな計画を作っていきます。そして今年の計画、今月の計画と詳細な計画を立てていきます。その計画がいつでも手帳などで見ることができ、今日何をすればいいかがわかるようになれば夢のスケジュール化が出来た証拠です。あとは必要な時に軌道修正をするなどしながら行動をするだけです。

    続きへ

  • 「目標達成の技術」を読む
    「目標達成の技術」を読む

    「目標達成の技術」という本があります。夢を叶えるためには、まずはその土台となる「人生の目的」に目を向けることが大切だと著者の青木さんは言います。土台がない夢や目標はぶれてしまい叶う事がないという事です。またコミュニケーション能力が高い人ほど目標を達成しやすいとも語っています。コミュニケーション能力が高いと目標設定が適切で一つの目標を達成するたびに成功体験を手に入れることができます。成功体験を重ねることで成功者のメンタリティを手にすることができるようになり夢がさらに叶いやすくなるそうです。

    続きへ

  • コーチングで新たな発見を
    コーチングで新たな発見を

    どうしても夢をみつける事ができないという人は誰かのサポートを受けることが必要かもしれません。「コーチング」というコーチと対話をしながら夢をみつけていくという方法があります。コーチは自分の鏡のような存在になり、いつしか自分自身と対話をしているようになります。またコーチはあなたの表情や声色の変化を見ています。話をしていて表情が明るくなったとき、そこには夢につながる何かがあります。このように自分自身との対話の中に「もう一つの視点」があることは夢を見つけるための有効な手段だと言えるでしょう。

    続きへ

  • 夢を見つけるテクニック
    夢を見つけるテクニック

    夢がみつからない場合はいくつかの夢をみつけるためのテクニックを試してみましょう。まずは未来の社会を思い描き、そこで自分がどのように活躍できるか想像してみるという方法です。常識に捉われていたり、現状に悲観している人に特に有効な方法です。また自分の身の回りにあるものを手に取り「なぜこれを持っているのか」理由を自問自答してみましょう。無意識的に集めたものにこそ「自分なりの夢」のヒントが詰まっているかもしれません。

    続きへ