夢がないと悩んでいるなら、コーチングを受けて夢を見つける!

「夢がない」からの卒業

人生は一度きり。夢をもって楽しもう!

What's about

毎日がつまらない・・・それはもしかしたら、夢がないからかもしれません。そんなこと言われても、簡単に夢なんて見つからないよ。という人のための夢応援サイトです。
ご連絡はこちらまで。
>>graduate-nodream@outlook.com


夢を探すにはコーチングという手も!

コーチングで新たな発見を

コーチングで新たな発見を

どうしても夢を持つことが出来ないという人は、誰かのサポートを受けて夢を見つけるという方法もあります。「コーチング」という方法によって自分一人では見つけることができなかった夢を見つけることができるかもしれません。誰かとの対話を通じて自分だけの夢を探してみましょう。

LINEで送る

人は自分の鏡

コーチングとは、コーチと呼ばれる人との対話を通じて自分の夢を見つけていく作業です。こう聞くとコーチがどんどん質問して、それに返事をするとチャートか何かで「あなたの夢はAタイプです」というような回答が出るというようなイメージを持たれるかたもいるかもしれません。しかしコーチはあなた自身を映し出す鏡のような存在になってくれます。コーチと話すという事は自分自身と向き合って対話をする事なのです。実は自分との対話はひとりでするのがとても難しい作業です。誰からも干渉されない落ち着いた場所や、自由になる時間、そして自分と向き合う覚悟が必要だからです。コーチングでは場所と時間は確保されていますし、コーチと話すだけでいいので特別な覚悟も必要ありません。対話をしているうちにコーチの存在を忘れ、自分自身と対話をしているような感覚になるかもしれません。

本当の夢が見える

コーチは話をしながら会話の内容を聞いているだけでなく、あなたの顔色やちょっとした表情の変化、声色などもよく見ています。何かの話をしている時に表情がパッと明るくなったら、それはあなたが本当にしたいことかもしれません。コーチはそのことに気づいてくれて、そこにスポットを当てて質問をしてくれるでしょう。こうして少しずつ夢の核心へと近づいていくことが出来ます。このような表情や声色の変化は自分一人で心の中で対話しているだけでは気づくことのできない部分です。コーチの視点が夢の発見をサポートしてくれる大きな理由のひとつでしょう。

「ドリームガイドコーチング」のサポート

コーチングに興味がある人は「ドリームガイドコーチング」のサポートを受けてみてはいかがでしょうか。ドリームガイドコーチングとは夢を見つけるためのセッションやセミナーのことです。一対一でじっくりと話をする個人コーチングセッションと、複数の参加者がワークやシェアを行ってガイドをみつけるドリームガイドコーチング・セミナーもあります。自分一人では夢が見つからない、本当にやりたいことがわからないという人は一度ドリームガイドコーチングのワークやセミナーに参加してみてはいかがでしょうか。

グッズを使用したりワークに取り組むことにより、夢の発見の手助けをしてくれます。

→→コーチングを調べてみる

ドリームガイドコーチング

最速で夢を叶えたい人は、これを読もう!

  • 目標に変換して行動
    目標に変換して行動

    夢を持つだけではまだ実現への準備が整ったとは言えません。夢を目標に変換するためには具体的なスケジュールを作る必要があるからです。まず夢が叶う日、目標が達成する日を決めます。その日から逆算して1年ごとの大まかな計画を作っていきます。そして今年の計画、今月の計画と詳細な計画を立てていきます。その計画がいつでも手帳などで見ることができ、今日何をすればいいかがわかるようになれば夢のスケジュール化が出来た証拠です。あとは必要な時に軌道修正をするなどしながら行動をするだけです。

    続きへ

  • 「目標達成の技術」を読む
    「目標達成の技術」を読む

    「目標達成の技術」という本があります。夢を叶えるためには、まずはその土台となる「人生の目的」に目を向けることが大切だと著者の青木さんは言います。土台がない夢や目標はぶれてしまい叶う事がないという事です。またコミュニケーション能力が高い人ほど目標を達成しやすいとも語っています。コミュニケーション能力が高いと目標設定が適切で一つの目標を達成するたびに成功体験を手に入れることができます。成功体験を重ねることで成功者のメンタリティを手にすることができるようになり夢がさらに叶いやすくなるそうです。

    続きへ

  • コーチングで新たな発見を
    コーチングで新たな発見を

    どうしても夢をみつける事ができないという人は誰かのサポートを受けることが必要かもしれません。「コーチング」というコーチと対話をしながら夢をみつけていくという方法があります。コーチは自分の鏡のような存在になり、いつしか自分自身と対話をしているようになります。またコーチはあなたの表情や声色の変化を見ています。話をしていて表情が明るくなったとき、そこには夢につながる何かがあります。このように自分自身との対話の中に「もう一つの視点」があることは夢を見つけるための有効な手段だと言えるでしょう。

    続きへ

  • 夢を見つけるテクニック
    夢を見つけるテクニック

    夢がみつからない場合はいくつかの夢をみつけるためのテクニックを試してみましょう。まずは未来の社会を思い描き、そこで自分がどのように活躍できるか想像してみるという方法です。常識に捉われていたり、現状に悲観している人に特に有効な方法です。また自分の身の回りにあるものを手に取り「なぜこれを持っているのか」理由を自問自答してみましょう。無意識的に集めたものにこそ「自分なりの夢」のヒントが詰まっているかもしれません。

    続きへ