日々がつまらないのは夢がないから?あなたの夢、応援します!

「夢がない」からの卒業

人生は一度きり。夢をもって楽しもう!

What's about

毎日がつまらない・・・それはもしかしたら、夢がないからかもしれません。そんなこと言われても、簡単に夢なんて見つからないよ。という人のための夢応援サイトです。
ご連絡はこちらまで。
>>graduate-nodream@outlook.com


「夢がない」からの卒業

突然ですが、夢はありますか?「夢なんてみてる余裕ないよ」という人もいるでしょう。「どうせ叶わない夢なんかみないほうがマシ」という人もいるかもしれません。確かに、そうかもしれません。ですが、心のどこかで「夢がない人生はつまらない」とも、思っていませんか?そう。夢が叶うかどうかではなく、夢を追うこと、夢をもつことが、人生をより楽しく豊かにするのです。

  • なぜ「夢がない」のか?

    なぜ「夢がない」のか?

    最近の若者は「夢がない」「夢をもたない」人が増えています。なぜ夢をもたないかというと「夢は叶わないものだ」という固定観念がある人や「夢」の定義づけを間違えている人が増えているからだと思います。また「失敗するのが怖い」という若い人が増えている気がします。しかし完全な失敗と少しの挫折は意味合いが大きく違います。「時間がない」「家庭がある」「経済的な問題」など夢を持たない事を正当化するために理由をつける人もいます。しかしこれらの理由と夢をもたない事はまるで関係がありません。

  • 夢があれば、人生は変わる!

    夢があれば、人生は変わる!

    みなさんは「夢」に対してどのようなイメージを持っていますか?「子どもが語るもの」、「叶わないもの」、「絵空ごと」、「人生の目標」、「希望」、「ふわふわしたもの」、「理想」、「生きる力」などなど、人それぞれの価値観でいろいろな言葉が出てくると思います。「強く願えば夢は叶う」という言葉がありますが、願うだけでは叶いませんよね。強く願う気持ちは行動につながるから夢に近づくという意味が込められているのだと思います。行動が変われば人生が変わります。夢が人生を変える原動力になるのです。

  • どうやって夢を見つけるか?

    どうやって夢を見つけるか?

    夢がないよりは、あるに越したことがないのはわかっていても、夢なんてそう簡単に見つけられないですよね。でも、夢は人から与えられるものでもありません。ぜひ、自問自答しながら自分自身と会話してみてください。夢のヒントは、自分の中に隠れています。夢として意識していないだけで、すでに夢をもっている可能性もあります。夢は大きいほうがいいなどと言われますが、どんな小さな夢でもいいのです。その夢が人生設計の道しるべになります。

  • 見つけた夢を実現しよう!

    見つけた夢を実現しよう!

    夢が見つかったらあとはその夢を実現するために行動あるのみです!夢とはつまり、人生の目標です。その目標に到達するためには、いつまでに何をすればいいのかを具体的に考えてスケジュールを立ててみましょう。夢を追うために仕事を変えたり、アルバイトをしながら夢を追いかける人もいると思います。「夢は叶う!絶対叶える!」というポジティブな成功イメージを持つことも大切ですよね。気分があがるサクセスストーリー系の映画も紹介しますので、くじけそうになったら観てみてくださいね。

  • 人生に迷ったら

    人生に迷ったら

    やりたいことが見つからない。夢がない。夢をあきらめかけている。そんな風に、人生に迷っている人はこちらで紹介する記事を読んでみてください。人生は泣いても笑っても一度きりです。一度きりしかないからこそ、悩み、迷い、立ち止まりながら生きていくんですよね。一度しかない人生ですがチャンスは何度でも回ってきます。ほとんどのことはやり直しもききます。夢をもつのに遅すぎることもありません。前向きに行動することで人生は変わります。

  • 夢を追うフリーターへ

    夢を追うフリーターへ

    夢を叶えるためにアルバイトで生計を立てているフリーターの人も多くいると思います。夢を追うということは幸せなことである反面、つらい時期もあると思います。本当にこのままでいいんだろうかと不安になったり、疑問を感じることもあるでしょう。挫折しそうになることもあるでしょう。そんな時はあらためて自分に問いかけてみてください。夢を叶える最大のコツは成功イメージを強くもつことです。あきらめてしまったら夢は叶わないのですから。

最速で夢を叶えたい人は、これを読もう!

  • 目標に変換して行動
    目標に変換して行動

    夢を持つだけではまだ実現への準備が整ったとは言えません。夢を目標に変換するためには具体的なスケジュールを作る必要があるからです。まず夢が叶う日、目標が達成する日を決めます。その日から逆算して1年ごとの大まかな計画を作っていきます。そして今年の計画、今月の計画と詳細な計画を立てていきます。その計画がいつでも手帳などで見ることができ、今日何をすればいいかがわかるようになれば夢のスケジュール化が出来た証拠です。あとは必要な時に軌道修正をするなどしながら行動をするだけです。

    続きへ

  • 「目標達成の技術」を読む
    「目標達成の技術」を読む

    「目標達成の技術」という本があります。夢を叶えるためには、まずはその土台となる「人生の目的」に目を向けることが大切だと著者の青木さんは言います。土台がない夢や目標はぶれてしまい叶う事がないという事です。またコミュニケーション能力が高い人ほど目標を達成しやすいとも語っています。コミュニケーション能力が高いと目標設定が適切で一つの目標を達成するたびに成功体験を手に入れることができます。成功体験を重ねることで成功者のメンタリティを手にすることができるようになり夢がさらに叶いやすくなるそうです。

    続きへ

  • コーチングで新たな発見を
    コーチングで新たな発見を

    どうしても夢をみつける事ができないという人は誰かのサポートを受けることが必要かもしれません。「コーチング」というコーチと対話をしながら夢をみつけていくという方法があります。コーチは自分の鏡のような存在になり、いつしか自分自身と対話をしているようになります。またコーチはあなたの表情や声色の変化を見ています。話をしていて表情が明るくなったとき、そこには夢につながる何かがあります。このように自分自身との対話の中に「もう一つの視点」があることは夢を見つけるための有効な手段だと言えるでしょう。

    続きへ

  • 夢を見つけるテクニック
    夢を見つけるテクニック

    夢がみつからない場合はいくつかの夢をみつけるためのテクニックを試してみましょう。まずは未来の社会を思い描き、そこで自分がどのように活躍できるか想像してみるという方法です。常識に捉われていたり、現状に悲観している人に特に有効な方法です。また自分の身の回りにあるものを手に取り「なぜこれを持っているのか」理由を自問自答してみましょう。無意識的に集めたものにこそ「自分なりの夢」のヒントが詰まっているかもしれません。

    続きへ